明日、個人再生します。

借金総額700万の男が個人再生するまでの記録

多重債務者である私が「借金脳」について改めて考えてみた

f:id:nonbirigakugeiin:20170524173559j:plain

自分は多重債務者です。

それも700万円以上の借金を抱えていました。

現在は弁護士さんに依頼し個人再生手続き中

どうして私はこんなに多額の借金を負うことになってのであろうか…。借りてた時はこんなことは少しも考えていなかった気がします。

 

借金癖のある人の思考回路

f:id:nonbirigakugeiin:20170524173327j:plain

先述したように私は完全なる多重債務者である。どうしてこんなに借金を重ねるようになったかはこちらの記事を見て頂けれは分かると思います。

いま一度自分がどうしてこんなに借金をするようになったのかを考えると、イマイチはっきりとしない…。

そんな曖昧な答えはあるのかと思われるが、きっとこの借金に対する「曖昧さ」が原因だと思います。

 

「借りる」ことへの意識の希薄さ

私もそうであるが、借金をする人の思考回路には共通点があると思う。

それは本人は「借金をしている意識がない」ことである。

当然初めてお金を借りるときは、それなりの覚悟を持って借用書を書いていた。

しかし一度借金してしまうと、こんなに簡単にお金を借りる事が出来ることを知り、その後は何の抵抗もなく借金を重ねていく。

一度、借り慣れてしまうと「借りる」行為に対する意識が希薄になります。

 

そして借りることに慣れてしまう

こうなると本人には借りる意識は無くなり、あたかも自分の預金を下ろすかのごとく、借金を重ねていくようになります。

自分が借金を重ねていたときもまったく同じ思考だったと思います。

お金が無くなったらすぐにATMに走り、新たに出金をし、限度額が一杯になったら、新たな借入先を探し始める。

限度額が一杯になった時点で、自分の置かれた状況を一瞬考えるが

それもまさに「一瞬」

合言葉のように「まだ大丈夫だ…」とつぶやきながら

 

「借金脳」になってしまう。

f:id:nonbirigakugeiin:20170524173755j:plain

  • 借りることに対する意識の希薄さ
  • お金が無くなったらすぐ借りる
  • まだ借りれるから「大丈夫」と言い聞かせ始める

ほとんどの多重債務者がこの思考に達していると思います。

私はこれを「借金脳」と呼んでいます。

「借金脳」になると、あとは破滅するまで借り続けます。よほどの決意が無い限り、借金脳からの決別は出来ないと思います。

私は現在個人再生中ですが、まだこの借金脳から完全に脱却できたわけではないと思っています。

お金がないと「借りれたらな~」と考えてしまいます。

当然、いまの状況で借用なんて出来ませんから、踏みとどまっていますが…。

 

本当にこの思考回路は恐怖です。

「借金癖のある人間は同じことを繰り返す」

とよく言われていますが、これは本当のことだと思います。やはり一度でもお金が無限にあるような錯覚に陥った人間が通常の思考に戻るのはなかなか難しいということです。

 

借金脳になる人は自制心が無い

f:id:nonbirigakugeiin:20170524173524j:plain

私自身がそうであるが、借金脳になる人は「自制心が無い」

人間の三大欲としては「食欲・睡眠欲・性欲」と言われています。

当然、誰しもが持っている欲であるが、普通であればこれらの欲に対して、自制することでモラルを守っていると思います。

しかし借金脳の人間は欲を自制することが出来ず、自分の欲望のままに行動する結果、借金を重ねていくのです。

多重債務者になっている人間の多くは中でも特定の欲に対する自制がきかないことが多いと思います。

 

物欲

人は誰しも物が欲しくなるものです。

しかし物を買うには当然「お金」が必要になります。

普通なら「来月の給料日まで」「ボーナス出るまで」「お金を貯めてから」と思いとどまり、無理に購入することは無いです。

しかし借金脳になっている人は

「現金がないならカードで購入」と安易にクレジットカードを使ってしまいます。

勿論、クレジットカードを使うことは悪いことではありません。問題はその後、請求が来たときになります。

大抵、借金脳の人間は後日来る請求のことなどすっかり忘れています。その為、お金を残しているはずがありません。

その為、支払いが近づくとある行動に出ます。

  • 必殺「リボ払い」
  • 奥義「分割払い」

この二つの技は借金脳の得意技になります。

その場さえ乗り切ってしまえばという甘い考えのもと、この二つを繰り返し、気がつくと、とんでもない額の借金になっているという結末です。

 

ギャンブル欲

日本人のギャンブル依存症の疑いがある人数は成人人口の4.8%にあたる536万人に及ぶそうです。これは世界的に見ても突出した数値です。

それだけ我々日本人の身近にギャンブルというものが存在しています。

実際に私もその一員ですが、ギャンブルに嵌り多重債務者になる人も大勢います。

ギャンブルで多額の借金を作る人の多くが負け分を取り戻そうと躍起になり、さらに投資を重ねていきます。

  • 今日は調子が悪かったけど、明日はきっと勝てる
  • 最近勝てないのはスランプだ。いつか勝てるだろう

こんな風に考えたことはありませんか?

パチンコの還元率は約85%といわれています。

85%もあるの?なんて思っていませんか?

1000円入れたら850円しか返ってきません。150円はお店の利益になります。

つまり普通にやる限り、勝てる仕組みにはなっていません。

どうやっても店の利益になるようになっています。そうでなければパチンコ屋はすべて潰れてしまいますからしょうがないですけどね(笑)

つまりパチンコ等のギャンブルは少し遊び程度でやるものなのです。そ一攫千金を狙って、必死になって打ち込むと、いずれは破滅します。

 

性欲

これも問題です。

特に男性はこの手の欲にはめっぽう弱く、ずるずると引き込まれて破産していく人も多いはずです。

恥ずかしい話、私も一時期はまっていたことがあります。

ついつい出張先などで風俗店を利用してしまい、お金が無いのにキャッシングしてまで遊びにいった記憶もあります。

キャバクラが大好きな私の知人は、お気に入りの女の子に会いに行くために、毎晩高級なシャンパンを開けていました。

勿論、女性であってもホスト通いがやめられず多額の借金を抱えている方もいらっしゃります。私が出会った風俗店の女性にもそういう子がいたのを覚えています。

誰しも性欲はあるのは当たり前です。

男性がキャバクラや風俗に行くのだって、女性がホストクラブに行くのだって、決して悪いことではありません。

悪いのは自分の限界(お金の)を考えず利用することなのです。

確かに快楽は人間にとって最高の喜びとも言われています。

借金脳の持ち主はこの快楽に簡単に溺れてしまい、それを求める為には借金をすることも辞さないのです。

 

まとめ

今回、多重債務者である私が自分自身のことを踏まえながら、借金を繰り返す人の思考回路

「借金脳」

について少し考えてみました。今回の記事を見て少しでも「あっ!」と思われた方は、自分を自制することに努めて下さい。

まだ多重債務に陥っていないのであれば、十分引き返すことは出来ます。

もうすでに多重債務に陥っている方は、すぐにでも専門家に相談して下さい。

 

いまの生活を続けていると、先には真っ暗な闇しかありません。