明日、個人再生します。

借金総額700万の男が個人再生するまでの記録

個人再生の道のり~法テラスの「民事法律扶助」を知る~

f:id:nonbirigakugeiin:20170429175527j:plain

個人再生の手続きも進み、弁護士さんとの打ち合わせを行なう日々。
もっと弁護士さんのもとに足を運ばなくてはいけないのかと思っていましたが、意外とそのような事もなく手続きができるようで、少し拍子抜けしている今日この頃です。

個人再生にかかる費用

 

自己破産から個人再生へと切り替え、いよいよ正式な申し込みをすることになったが、心配の種としてはやはり「費用」です。

個人再生だと自己破産のように管財人は必要としないため、管財人費用の20万円はかかりませんが、弁護士事務所さんへお支払する費用は当然発生します。

私が依頼した弁護士事務所さんはかなり良心的なところで、成功報酬や余分な着手金は一切かかりませんでした。それでも弁護士費用として「30万円」は必要となります。

 

弁護士費用は分割できる

弁護士さんへ支払う費用は当然、分割が出来ます。確かに債務整理をお願いする人間に一括で何十万も支払えというのは酷な話ですもんね…。

支払いの回数は弁護士さんと要相談の様で、私の場合も今後の打合せの中で、無理のない返済方法を探っていくと仰ってました。

「民事法律扶助」に申し込んでみた

分割ができるとはいえ30万円は大金です。さらに私の場合は個人再生の為、圧縮した借金を3~5年間で返済しなくてはいけません。しっかりとした再生計画を立てないと、また同じこととを繰り返してしまう可能性もあります。

何とか費用をおさえれないものかと色々を調べていると「法テラス」という言葉を目にしました。

 

法テラスとは

f:id:nonbirigakugeiin:20170429175538j:plain

法テラスとは、正式名称を「日本司法支援センター」といい、一般の方に向けて作られた法律相談の総合窓口のようです。運営母体が国であり、安心して誰でも利用できます。

業務内容としては、一般の方への法律に関する情報提供、犯罪被害者支援や国選弁護人関連業務、民事法律扶助、過疎地の司法対策といった内容です。
この中でも、特に利用が多いのは「民事法律扶助」です。

 

民事法律扶助とは

民事法律扶助というのは、法テラスが一般の方に弁護士や司法書士を紹介し、無料相談を実施してくれ、最終的に依頼をするとなれば、その際に発生する報酬費用を立て替えてくれる素晴らしい制度です。

なお生活保護を受けている場合や特別な状況の場合は、全額免除になることもあります。

通常は、あくまでも「立て替え」ですのでその費用を法テラスに分割支払いする必要がありますが、月々5000~10000円ほど支払っていくのが一般的の様で、かなり負担を軽減できます。

私の場合は個人再生ですのでその場合、諸々の諸経費込みで17~19万ぐらいになるようです。20万弱と考えても10万円近く費用が抑えられるのはありがたいです。

 

法テラス利用の流れ

f:id:nonbirigakugeiin:20170429175716j:plain

法テラスを利用するには以下のような手続きが必要になります。

1、電話で予約申し込み

まずはじめに法テラスに電話して予約申し込みをします。どうやら各都道府県に法テラスがあるようですのでお住まいの法テラスに連絡するのが良いでしょう。
ちなみに法テラスを利用基準があるようで、この時に諸々聞かれることもあるようです。
法テラス利用基準

2、法テラスの手続きに必要な書類を用意する

法テラスの予約が完了すると当日持参する書類の説明があるそうです。基本的には

  •  申込書
  •  給与明細(直近2ヶ月分)
  •  納税証明書

他にも依頼者の生活状況によって提出書類も増えるようなので、この時にしっかり聞いておくのが良いでしょう。

3、予約当日の弁護士による無料相談

予約が完了すると法テラス側が担当弁護士を選任し、無料相談をしてくれます。法テラスでは原則平日しか無料相談をおこなっていなうようなのです。この無料相談は一件につき最大3回までできます。

4、正式契約

相談した弁護士さんに依頼をしたい場合は、その場で契約をしてもいいようです。また後日少し検討してから正式に契約という形でもOKです。


デメリットはあるのか

f:id:nonbirigakugeiin:20170429175730p:plain

はっきり言うとデメリットらしいものは、無いようい感じられます。強いて挙げるとなれば

  • 弁護士を指名・選択することができない
  • 時間がかかることが多い

法テラスを利用した場合、担当をして下さる弁護士さんは、法テラス側が決定します。

当然、得手不得手を考慮して選任するようですが、中にはあまり適任ではない弁護士さんが選ばれることもあるようです。

勿論優秀な弁護士さんも沢山いらっしゃります。そのような弁護士さんにお願いできるかは運次第という事でしょうか…。

一応、法テラスの無料相談は3回までできるようなので、いい弁護士さんに当たるまで相談しても良いみたいです。

もう一つのデメリットとしては対応が遅いことです。

まぁ法テラスは国の機関ですから「お役所仕事」なわけで…。そのため対応がのんびりしているようです。

最初の無料相談申込みから、2週間近く待たされた挙句、弁護士さんとの正式な契約までさらに2週間も待たされてしまったという話も聞きます。

時間に余裕がある人だったら良いのですが、私のような借金問題を抱えている人間からしたら、一日でも早く借金問題を解決したい為、このタイムラグはいささか厳しいかもしれません。


POINT

法テラスを利用をすれば費用面も抑えられます。特に私のような債務整理で依頼する人間にとっては一万円でも安くしたいものです。
しかし多少なりデメリットもあります。特に時間的な問題は借金を抱えている人にとっては死活問題です。
その為、私はちょっとした裏技を使って法テラスの「民事法律扶助」を申請しました。この裏技については次回お話しします。

広告を非表示にする